なぜ今人気?アジア海外就職の魅力とは!?

グローバル化によって、ますます日本人の就職範囲も広まり、海外に目をつけている人が急増しています。その中で、よくテレビやネットでも目にすることが多くなってきた「東南アジア海外就職」ですが、今なぜ若者は東南アジアでの就職を考えているのでしょうか?タイ・インドネシア・ベトナム・カンボジアなどには就職のチャンスが現在たくさんあります。今回は、東南アジアでの海外就職の魅力を5つにまとめてみました。

1. 選択肢が広い

東南アジアではグローバルな仕事から、現地のローカルビジネスなど、様々な仕事が多く存在しています。自分のスキルや経験に合った仕事を、幅広い選択肢の中から選ぶことができるのが魅力なところ。

2. 語学力が問われない

先進国では英語のレベルが必ずと言っていいほど求められていますが、東南アジアではさほど高い英語力は求められてない場合が多く、「英語力不問」といったような求人を出している企業が多く存在します。まだキャリアを積んでいない若者でも就職しやすく、それなりに待遇もいいので、海外就職で東南アジアを選択する人が多いのです。

3. パイオニアになれる

多くの企業が進出してきている東南アジアでは、パイオニア(先駆者、開拓者)になれるチャンスが多くあるのです!これから、もっと多くの発展が期待される東南アシアでは可能性が秘められています。やりがいも生まれ、たくさんの経験がでるので、キャリアアップにも繋がります。

4. 物価が安い

東南アジアの物価は比較的安いので、とても生活しやすいです。贅沢をせずにある程度の生活ができるので、家賃や生活費を安く押さえることができます。国やモノにもよりますが、物価は日本の3分の1以下なので、生活に困ることはないでしょう。但し、外国人として海外に住む以上、安全への配慮も大切ですので、安いという理由だけで住居を決めるのは危険です。せめて、セキュリティがきちんとしているところを選びましょう。

5. 日本から近い

東南アジアは日本からも近く、大体約5~6時間程のフライトでアクセスしやすいところが魅力的です。海外で仕事する上で、「気軽に母国に帰れる」という安心感を持っておきたい人にはいい場所なのかもしれません。

このような魅力がある東南アジアで、ぜひ就職を考えてみて下さい!