海外就職する際に、準備しておくこと!

海外就職をすることが決まり、日本で手続きや準備をしなくてはならないことがでてきます。よりリスクが少なくなるので、事前準備はとても大切です。日本にいる間にできるだけ準備をし、海外へ出かけましょう。今回は、その中でも特に大事な点を3つご紹介したいと思います。

1. 海外旅行保険

移住するにあたって、一番不安に思うてんでもある「保険」は必ず入っておいた方がいいでしょう。会社が負担してくれるところもありますが、自分で入らないと行けない企業もたくさんあります。何かあってからでは遅いので、海外に行く前に保険のことはきちんと整理しましょう!その中でも、おすすめなのは、海外旅行付帯クレジットカードを作ることです。クレジットカードを持っていると、海外旅行へ行くと同時に海外旅行保険がかけられるシステムになっています。

2. 予防接種

予防接種は現地での病気や感染を防ぐためで、リスクを低くするためにも行っておくことをおすすめします。また、国や地域によっては、入国前に予防接種済みの証明書が必要な場合があります。自分の渡航エリアが対象国かをきちんと事前に調べ、期間を余裕を持って予防接種を受けましょう。特に指定のものがない場合は、A型肝炎(主に飲食物から感染する病気)、B型肝炎(保菌者の体液、血液からの感染や、性行為によって感染する病気)、狂犬病を接種しておくことをおすすめします。

3. 就労ビザ

海外で働く為には、就労ビザが必要になります。ビザには「観光ビザ」「労働ビザ」「学生ビザ」「ワーキングホリデービザ」などの種類があります。ただし、国によってそれぞれ申請の手順や方法があるので、各自で正確な情報を収集しますよう。就労ビザを申請する為には、 会社で手続きをしてくれるところと自分で申請をしに行かなければならないケースがあります。こちらも、渡航前に会社側に確認しておきましょう。

海外就職するときは、様々な準備が必要になってくるので、準備期間をきちんと用意し、余裕を持って日本でできる準備を進めて行きましょう。