要注意!?海外現地採用の待遇の落とし穴。

現在、海外現地採用として雇われ、海外で働いている人も多いですが、「現地採用は絶対に辞めた方が良い」「駐在員として働くべきだ」という意見を持っている方が多かいのはなぜでしょうか?

1. 仕事内容の違い

最も現地採用と駐在員との格差を感じるのは、任される仕事内容です。駐在員は、現地の店舗を任され、多くのプロジェクトを動かす重要な役割の仕事を任せることが多いです。しかし、現地採用はデスクワークや接客などの責任が少ない仕事を任されることが多くなっています。

キャリアアップを目指したいと考えている人には、少し物足りなさを感じるかもしれません。スキル向上、キャリアアップを重傷に考えている人は、雇用形態や仕事内容のことを理解した上で就職しましょう。

2. 給与が少ない

現実は厳しいもので、現地採用の給与は現地で生活できるレベルの給与しかもらえず、日本と比べても月の収入は2分1以下ほど。また、海外現地採用の待遇は、ボーナスや医療保険、渡航費、居住手当、一時帰国手当といった諸手当がない企業がほとんどなのが現実です。

3. 予期せぬ雇用形態の変更

海外現地採用は、駐在員との身分の差が出てきます。「給与カット」「解雇」といったことも急に宣告されることもまれではありません。このようなことは、現地採用の立場であれば当たり前のことのようにあるのです。また、「解雇」いわゆる「クビ」になり海外で失業していまうこともあります。海外で外国人が再就職するのはなかなか難しく、すぐに見つかられるようなことではありません。このような苦労があると覚悟した上で、海外就職することが大切です。

このようなデメリットがある現地採用ですが、メリットももちろんあります。

それは、海外で働いたという経験です。日本では経験できないことや手に入れられるものが海外には多くあるからです。たしかに、給与も少なく待遇も悪い状態での就職は厳しいですが、その範囲の中でどう自分を活かせていけるかを考え、自分の生き方を考える機会をあたえてくれるのです。また、現地には支えてくれる友人、日本には家族や友人がたくさんいたことに気づかせてくれうrこともあるでしょう。これは、海外就職をしたからこそ得られたものだと思います。

あなたが「海外で働く」という夢に不安を抱いているようであれば、勇気を持って一歩踏み出してみてください。もしかしたら、厳しい現実が待っているかもしれませんが、きっとそれはあなたのためになるでしょう。